息子と一緒にプチ速読を体験したら効果は評判通り!

息子の成績があがらない…そんなことを思う全国のお母さんはたくさんいると思います。はじめまして小学校高学年の息子を抱えるどこにでもいる平凡な主婦です。

これから受験だというのに勉強に集中できなくて成績もあがらなくてこのままだと受験すらも出来ないと危機感を感じていたところでした。

塾の行かせても途中で飽きてしまいますし、家庭教師を呼んでも集中出来ないみたいで何も変わりませんでした。

正直勉強が嫌いなんだと諦めていたところに見つけたのがプチ速読です。

息子は本を読むことは出来たので、今後の何かの足しになればいいかなと思い受けさせてみたんですよ。そうするとなんと集中も上がり勉強も飽きる事無く続けられる状態に。

プチ速読にどんなからくりがあるかと思って私も受けてみたのですけど、プチ速読はただの速読ではなかったということがわかりました。これは大人から子供まで必要とするスキルです。

だからこそ息子も速読だけじゃなくて集中力もまでアップしてるのです。それではプチ速読によって私達親子がどうなっていたのかを見てください。

小さいこどもを持っていて教育に使うのなら変な塾に行かせるようにプチ速読を選んだほうが理由を証明してみますね。ぜひとも読んでくださいね。長い時間になるかもしれませんが、損はさせません。

プチ速読公式HP

怪しいところがないプチ速読を選んだ理由は

怪しいところがないプチ速読を選んだ理由は

正直言って、速読でどうこうとか考えていなかったのですよね。でもやるからにはきちんと身に着けて欲しいと思いますので、信頼出来るところで学ばせてあげたいという気持ちがありました。

だからこそ信頼と実績がある速読講座で探していたところ見つけたのがプチ速読です。どうして他の速読講座ではなくてプチ速読を選んだのかその理由を説明します。

実績抜群の速読講座

多くの速読講座があるのにプチ速読を選んだのは圧倒的に実績を残しているのが理由であります。

それで私がプチ速読のこういうところに惹かれて息子に受けさせたのかをお伝えします。

新しくてシンプルな速読法

飽きっぽい息子が習うのですから出来るだけわかりやすいのがいいと思ったんですよね。覚える前に飽きてしまったら大変したから

それで調べてみると多くの速読法を見てあまり理解が出来ないことが多いっていうかシンプルではありません。それを実践するだけで手間だったりハードルが高いんですよね。

速読を習得するまで数ヶ月とかかったり専用のトレーニングや毎日厳しいトレーニングをしたりをしなければならないとやる気があっても中々続かないような仕組みになっています。

これだと飽きっぽい息子だと間違いなく飽きてしまうことは見えていました。

プチ速読はそんなことはなく1時間程度のトレーニングをすればいいということです、さらに大体5分程度でトレーニングをしただけですぐに結果はついてきます。

これだけ即効性があればやっていても飽きるリスクを減らすことが出来ると思いました。

幅広い年代層に受けている

今まで小学生から90歳代にも教えているというのが私の中にはポイントが高かったです。速読法って年齢とか関係ありそうな感じがしたのですが、プチ速度に関しましては関係ないみたいです。

これで大人ばかり教えていたら多分息子には習わせていなかったと思います。プチ速読を試してから数時間のうちに年代関係なく全員が全員、読書スピードをあがるということを聞くと相当再現性が高いといえるでしょう。

指導実績は15000人以上という数字

プチ速読はこれまでに15000人以上の指導実績があります。15000人というとかなりの人数ではないでしょうか。

有料講座でこれだけ教えることが出来るのは、人気だったり教え方に何か特徴がないとそんな人数に教えることができないです。それだけ信頼されているということの証明ではないでしょうか。

NHK文化センター全教室で指導実績あり

NHK文化センターという名前の通りNHKが作り上げた文化講座があります。全国にNHKのネットワークをいかしてあります。

名前にNHKと関している通りに講師にNHK関連者が敷居が高いことで有名となっています。信頼度も高いですしね。

こんなハードルの高いところに講師と依頼されしかも単発ではなく、長期に渡り講座を発信しているのはすごいことです。それだけ実績を継続しないとだめです。

本社からも感謝状を頂いているようなのでNHK文化センター内でも評価はされているのでしょう。

プチ速読公式HP

講師の池江俊博さんとはどんな人物?

講師の池江俊博さんとはどんな人物?

私がプチ速読を選んだ最大の理由は講師の池江さんです。経歴が完全な教育者なんです。いったいプチ速読の開発者の池江俊博さんはどんな人物なのか調べてみましたので、経歴を載せておきます。

池江俊博さんのプロフィール

池江俊博(いけえとしひろ)

1965年12月12日生

池江教育研究院院長

株式会社ノーザンライツ代表取締役

認定心理士、NLPトレーナー(サンタフェNLP/発達心理学協会認定、INA認定、ICNLP認定)、ビジョントレーニングマスタートレーナー(一般社団法人視覚トレーニング協会認定)。

一男二女の父。離婚経験あり。性格は暖かく明るいと周囲に評されている元空自戦闘機操縦士。20年以上に渡り0歳からの右脳教育、幼児児童・障害児の教育に携わり、母親指導を行うかたわら、幼児から大人にNLPを応用した能力開発を行っている。カウンセリング、メンタルトレーニング指導を得意とする一方、オリジナルメソッドを紹介したプチ速読セミナーなど、研修や講演の内容は幅広く、変化を感じられる体感型を得意とする。また、2017年10月NHK文化センター全教室での講座開講を達成した唯一の講師となり表彰される。

現在は現在活動の場を海外にも広げ、中国各地で300社2000名以上の教師や講師を指導。講演受講者はオンライン含めると25万人を超える。2016年には陝西省婦人部网校家庭教育専家顧問・陝西省婦人部网校全脳開発首席研究員に任命され、2017年Keylightブランドで展開する?西大千教育管理有限公司を上場に導き同社の北京教育研究開発センター初代CEOとなる。

自己研鑽とスカイスポーツ振興のため、エアロバティック(曲技飛行競技)操縦士として活動(2014年全日本競技会準優勝)。心がけているのは受容と柔軟性。趣味はウクレレ、スキー、キャンプ、フライフィッシング、エアロバティック。

ざっと経歴をなぞりましたが気になるところがかなりありますよね。そこを見ていきましょう。さらに、病を乗り越え水泳で水泳で活躍している池江璃花子さんが娘さんなんですよね。世界的に活躍しているアスリートを育ているとなると信用がさらい上がります。

NLPトレーナーの一面

NLPの語源は、英語でNeuroLinguisticPrograming(ニューロ・リングイスティック・プログラミング)の略。日本語では「神経言語プログラミング」と訳されます。

どのように人はN(神経≒五感)、L(言語)、P(思考や行動)を使っているのかを体系的に明らかにしようと、HOW(どのように)の部分を分析します。

どうして効果的な結果をだせるのか?に興味をもちました。結果を出している人の行為を撮影して、どのような言葉使い・ジェスチャー・表情などがクライアントに良い影響を与えるのかを体系的にまとめました。

これがNLPと呼ばれます。つまりはコーチングには必須のスキルと言えますね。

教育者として活躍

多くの教育に携わっていた池江俊博さんですが、教育に関する著書も多いです『子どもを伸ばす親とダメにする親の習慣』は20000部を達成して出版元の明日香出版社から表彰されています。

文部科学省・初等中等教育局財務課の平成18・19年度「新教育システム開発プログラムODECOプロジェクト」には、自身で開発したプチ速読からコンテンツを提供しているので教育機関からも評価も高いようです。

中国での教育指導

今はコロナの影響で難しくなっているのかもしれませんが、以前は中国と日本との行き来を月に半々くらいの生活をしていたようです。

役職をみると中国での肩書のほうが多いので今は中国の教育に力をいれているのかもしれませんね。

池江俊博さんの著作の評判は?

男の子を「伸ばす親」と「ダメにする親」の習慣

たったの10分!「プチ速読」で読書スピードが2倍になる

子どもを「伸ばす親」と「ダメにする親」の習慣

あたりまえだけどなかなかできない親子のルール

いつも目標達成している人の「人の心を動かす」NLP会話術

リーダーのためのスタッフを育成していくNLP活用法

プチ速読(CD付き)

理系頭がみるみる育つ科学の実験60

とかなり著作があります。Amazonで販売されるので調べられますね。

口コミやAmazonのレビューはどうなのか?

何個かみていきましょうね。

・自分の子育てを振り返り読みました。親が子供を怒るとき、あれもこれも言われたら子供は怒っていることはわかっても何が問題かまでは気づけないでしょう。

まさに親の自己満足親の理想を子供に押し付けてないか、親も本当の感情に気づけてい無いときがあります。あなた、やるきあるの?と、テストの点が悪かった子供をなじることにどんな意味があるのでしょう?同様に、親も例えば担任の先生からこんな生活態度をさせるあなたは親失格だと決めつけられたら憤りを覚えるでしょう。

・プチ速読は、たくさん速読の本が出ている中で余分なことを省き、簡単に効果が出る方法を説明していました。付属の、CDと共に使用すれば、効果は簡単に体感できるのでおすすめです。

プチ速読も評価はされていますし、その教育関連の書籍も評価が高いですね。

プチ速読公式HP

速読が詐欺っぽく感じてしまうことについて

速読が詐欺っぽく感じてしまうことについて

プチ速読はそんなことはないのですが、やはり速読講座というのは怪しいというかお金儲けに走っているところもあるのは池江俊博さんも認めているところです。

そこで大まかに速読講座はどんな種類にあるのか調べてみました。

視野を拡大するやり方

視野の拡大に頼るという点です。つまり、「読む能力を向上させるには、まず眼の筋肉を鍛える」というのが、基本的な考え方になります。

眼球を鍛えれば視野を広げるのは難しくはないです。

誰でも、本を読む時に3文字~5文字程度のかたまりで文字を認識しています。このかたまりを大きくしていくのです。

少しコツをつかめば、1行を3つぐらいのかたまりで読むようにするやり方です。

右脳を使うやり方

もしかしたら、ページをパラパラとめくりながら驚異的なスピードで本を読んでいる人の動画などを見たことがあるかもしれません。これが右脳を使うやり方です。

一般的に本を読むといえば、左脳で一言一句意味を理解しながら読むスタイルが正しいです。右脳にも高い能力があるのに、普段読書にはまったく使っていないのでこれを使います。

そこで、読書の際に右脳の使用を意識すると、右脳が徐々に活性化してきます。結果、文字を読む処理能力が上がり、びっくりするようなスピードで速読が可能になるというわけなのですが、習得までの難易度が非常に高いです。

飛ばし読み系読書術

斜め読みや飛ばし読みといった読み方の工夫で、読書スピードを上げていく方法です。ビジネス書などは書かれているすべての文章のなかで、本当に大事なのはわずか数%にしかないと言われています。

そういう事情ならば、重要ではない部分に時間をかけるよりも、コアとなる部分だけを探して、そこだけ読んでいけばやり方です。

ある意味読書術なのですが、ただ、この読み方をするためには、ある程度その本に対する「前提知識」があることがないと無理です。

馴染みの深い分野の本であれば必要な個所を選択するのは容易ですが、あまり知らない分野の本だとかなりの読書経験がないと難しくなります。何が大事か大事ではないかの取捨選択ができないからです。

プチ速読公式HP

プチ速読の勉強法はメリットしかない

プチ速読の勉強法はメリットしかない

どうしてあんなに飽きっぽい息子がプチ速読に関しては気にしないで続けられるというのは理由があると思います。

息子に聞いてみましたのでそれをまとめておきます。

トレーニング期間が短いので飽きない

5分程度やるだけで効果がまず出るのが凄いところです、結果が出るので続けたくなるものです。

トレーニングも何回も何回も繰り返してやるものではなく、60分、大体1時間くらいで終わり実践に移ります。

これだけ短いとトレーニングで飽きそうになる前にすぐに終わるので続けるのが楽しくできそうです。どんどん続けたくなるのもわかりますね。

再現性が高いので挫折しない

15000人が受講してさらに小学生から90代のご老人まで受講して皆さんが結果を出しているというのでこれだけの年齢層だと誰でも出来るじゃないと講義内容ではないと無理です。

ノウハウに関して蓄積されていると思うので、それで結果が出ると思います。さらに結果が出るということは続けられることにも繋がると思うので、再現性があるから結果もついてきて挫折者が出ないいい循環になるのでしょう。

速く読めて理解もついてくる

速く読むとそれと同時に内容の理解がおろそかになります。情報量が増えてくるので処理が追いつかないのです。しかしプチ速読というのは速度を維持したまま内容が理解できるので読んでいて意味がなくなるってことはありません。

だからどんどん読書が楽しくなってきてもっと速読もできるようになってくるみたいですね。ただ速く読むことを義務的にならないところも続けられる要因だと思います。

プチ速読公式HP

私が受講してみて失敗しないと確信した理由

私が受講してみて失敗しないと確信した理由

何事も飽きっぽく出来なかった息子がこれだけ続けられたのでプチ速読がどうしても気になってしまったのですよね。

それで私自身も受講してどんなことがあるのか探してみました。そして息子に態度に関する変化もここにつながっていると思うので、重要だと思います。

まず私も受けてみてわかったのが本物の速読に必要な3つの要素がしっかりと取り込んでいるのでわかりやすく、そして簡単に速読が出来るようになるのです。

いったいこの3つというのはどういうものなのでしょうか?

脳開発を段階的にしていく

これはプチ速読をしていて始めて知ったのですが脳はひとつの刺激によって様々な反応を連鎖的に引き起こす機能を持っていると言われています。つまり、速読で大切な見るという能力が向上していくと他の能力も追いつこうとしたら脳の処理能力を高めます。

つまりどういうことなのかというと速読をすると集中力・記憶力・企画力・判断力・思考力など各種脳に関する機能が付随して上がっていきます。

一度だけだと効力が弱いのでプチ速読も大事なのは習慣化させることに言っています。プチ速読では心理学の要素を用いて誰でも簡単に楽しく習慣化が出来るように設計されているので、たやすく習慣化され脳開発が行われます。

ビジョントレーニングは脳とつながる目を鍛える運動

眼のトレーニングをするビジョントレーニングを行うと脳の動きが活発になります。

眼と脳は密接につながっており、相互補完的な役割を果たしているのが理由と言われています。事実、速読が得意な人は、視覚機能が高いというデータもあります。

脳を速読でトレーニングしているわけですね。

成功体験でポジティブシンキングになる

なぜなら速読なんて難しいと思っていたことを出来るようになり、本を速く読めるようになったという成功体験を脳に味あわせて、学ばせてあげることが速読習得においては鍵となります。

そうすると読書が楽しいと脳に変換され、ネガティブな感情ではなく速読によって得ることの出来た達成感や充実感を得ようとします。

その結果ポジティブな感情として脳に認識され、これからもそうしていこうと常に脳が認識するようになり習慣化されていきます。

プチ速読公式HP

悪評やデメリットがない理由が判明!プチ速読を受講

悪評やデメリットがない理由が判明!プチ速読を受講

悪評やデメリットがないと言われているプチ速読を受講して息子に起きた集中力の上昇、その理由は速読によって脳が活性化されているからだと言うことがわかりました。

そして私も受けてみて見つけた効果を共有したいです。

本が速く読めるので時間も知識も上昇

本を沢山読めることになるので、時間はゆとりが持て知識はどんどん加速度的に増えていきます。

1時間必要なら大体半分で終わるので、その余った時間をリラックスする時間に当てたら他の予定にまわすことができるので時間がないということがなくなります。

知識量も増え、時間的な余裕も増えいいことしかありません。

本を速く読める以外での効果が凄い

速読によって目から脳が刺激されるので、今までの能力が上昇します。私も体感したのでそれをまとめます。

集中力がつく

読書時間だけではなく何をしていても集中力があるので全体的にスピードが速くなります。例えば家事をしているときもだらだらすることないのであっという間に終わったりしますし、何か判断力も上がったと思うので悩むこともなくなります。

余計なことをすることがなくなるので高い成果をあげながらもかかる時間は短くなりますね。

眼精疲労に効果あり

速読のトレーニングをすると眼精疲労に効果的です。目の運動なのですから当然と言えば当然かもしれません。

目の疲れは現代人にとっては大きな問題です、速読をしたいからやるのではなく、眼精疲労が由来で視力を落としたくない、頭痛防止などをしたいかたは速読のトレーニングをしても問題ないでしょう。

スマホで色々と見たりするので眼精疲労が結構ひどかったのですが、プチ速読を始めてからはほとんどなくなって嬉しいところです。こういう目の疲れがないとどんなことでも集中しやすくなります。

ポジティブ脳に変化

成功体験を確実に経験することになるので何事にも前向きに捉えることが出来ます。こういうのはとてもポイントが高いです。

中々やろうと思ってマインドチェンジをするのはかなり至難の業ですけど、普通は無理と思っていた速読をクリアできることによって変わります。息子も私もプチ速読を体験したことによってポジティブなマインドになっています。

プチ速読公式HP

悪い口コミはほぼないというのは本当なのか?

悪い口コミはほぼないというのは本当なのか?

私たち以外の口コミもあるとわかりやすいと思うので記載しておきます。

新しい自分が見えた/女性/50代

もともと会社でも適応障害と診断され、何かないかと思っていたところにとても簡単にできるテクニックを見つけ、継続しておりますが、いつのまにかネガティブな心が晴れてきたと実感しています。

本を読むにも仕事をするにも心を落ち着かせ、ストレスを軽減させてくれるプチ速読をやってみて人生が明るくなったような気がします。

速読だけにとどまらない/男性/40代

私自身正直速読自体を疑っていましたがプチ速読を受講すると意外とそうでは無かったです。

読書はしたいのですが、限られた生活時間の中で本を読むとなると億劫ですよね、私もそれであまり読書をしていませんでした。

プチ速読が終わったあとの効果として具体的に申し上げますと、仕事での最効率化、隙間時間での読書時間の短縮と私自身記憶力と集中力が乏しいのですが結果満足のいく成果が得られました。

仕事の生産性が2倍になりましたし、仕事がテキパキこなせるようになりました。まずは試さないと分からないのですしご自身で経験された方が早いかと思います。

毎日読書が楽しい/女性/20代

もともと本を読むスピードが遅く、しかも内容をちゃんと覚え切れていないということもあり、何回も読み返したりして人よりも何倍も時間をかけて本を読むことを繰り返しでした。

社会人になり、今まで以上に本を読んで勉強することも多くなり、このままではまずいと思い、なんとか本を読むスピードを上げて、かつ記憶に残るようにしたいと思って、探していたところ気軽に出来るプチ速読に興味を惹かれ受講。

速読というと「本をパラパラめくっただけで一字一句完璧に覚えられる」というイメージをしていましたが、自分のペースでできるのが嬉しい限りです。

いざ、実践してみると、まだ数回トレーニングしただけですが、読書スピードは2倍になり、とても驚いています。

プチ速読は日常生活にもかなり役立っていて、何かイラッとした時でも感情のコントロールができるようになったというか、割とリラックスして物事の対応をできるようになったのも大きな変化だと思います。

プチ速読公式HP

運営会社の株式会社リードエデュケーションはどういう会社?

運営会社の株式会社リードエデュケーションはどういう会社?

プチ速読の運営会社はどういう会社の株式会社リードエデュケーションについてどういう評判になっているのか念の為に調べてみました。

【会社情報】

・会社名:株式会社リードエデュケーション

・所在地:東京都中央区銀座一丁目22番11号銀座大竹ビジデンス2階

・メールアドレス:info@puchisokudoku.com

事業目的もありましたので、こちらも載せておきます!

・事業目的は下記になります。

オンライン速読講座の企画、制作、販売事業

速読を身に付けたい人の集うコミュニティの運営及び管理

速読に関して他社が開発した講演会、研修会、セミナーの開催やオンライン配信の営業代行および支援

速読講師育成講座の企画、制作、販売事業

速読講師になりたい人が集うコミュニティ運営及び管理

他社が開発した能力開発に関する講演会、研修会、セミナーの開催やオンライン配信の営業代行および支援

速読に関する講演会、研修会、セミナーの開催

幼児教育教室の企画、運営

幼児教育に興味がある人に対するコミュニティの運営及び管理

幼児教育に関して他社が開発した講演会、研修会、セミナーの開催やオンライン配信の営業代行および支援

特定取引に基づく表記などもしっかりしていますし、住所や電話番号も架空のものでもなくちゃんと実在しており繋がります、安心し出来る会社ですね。現に受講してから変なトラブルとかはなくスムーズにできました。

プチ速読公式HP

プチ速読を受講するための料金はいくら?

プチ速読を受講するための料金はいくら?

プチ速読でどんなことが出来るのかそして、どんな結果がでるのかを説明しましたが、その結果を得るために料金はいくらかかるのかをお伝えします。

普通の講座と変わらないくらいですが、これで大きな変化を得れると思えば安いかもしれません。

例えば毎日1時間の時間のゆとりが出来たとすれば単純な時給換算でも半年程度でもとは取れてしまいますしね。

そう考えるともしかして高いと感じられた人でもお得ではないかと思えるのではないでしょうか。お金で時間が買えると思えば安いとも言えるでしょう。

プチ速読公式HP

LINEの無料講座でまずは体験

LINEの無料講座でまずは体験

プチ速読を体感できる無料の講義動画が配信されています、やり方は至ってシンプルでLINEで友達追加することによって見ることができます。完全に無料になりますのでまずはこれで合うか合わないかを判断しても悪くないと思います。

しかも4回に渡り、挫折者ゼロの速読法を講義してくれます。ここから始めておけばお得な情報などもLINEで流れてくるそうです。

もしLINEをやっていない場合は対象外になってしまうと思いますので、アプリのダウンロードから始めましょう。

プチ速読公式HP

母と子、プチ速読で挑戦して充実に

母と子、プチ速読で挑戦して充実に

いかがだったでしょうか?

まだプチ速読がわからないと思うのなら無料講義から始めてもよいと思いますし、もう受けてみたいと思うのなら1日も早く受講するべきだと思います。

ゆっくりと考えていてもなにも結果は出ませんし、まずは行動することから始めてみることをおすすめします。

息子が唯一興味がありそうだった読書から速度を習わせてもらってそれから私も受けて親子でプチ速読の愛用者です。本を速く読める以外のメリットもかなりあるので、もしかしたら人よってはそちらのほうが気になるかもしれません。実際集中力は上がりますしね。

最後に長い文章を読んで頂きありがとうございます。私たちの経験が皆様のお役になればと思い書いてみました。こうやって気持ちを書くのはあまり上手ではないのでお見苦しいところがありましたら許して欲しいです。

それだけ満足しているので、本を読みたいか集中力をあげたいとかマインドを変えたいとかそういう気持ちが少しでもあるのならプチ速読はやってみる価値はあります。きっとあなたの生活に変化が訪れるはずです。では読んで頂き感謝しています。また機会があれば!

プチ速読公式HP