多くの人が本を読む理由

多くの人が本を読む理由

多くの人が何のために本を読むのでしょうか。その理由として挙げられるのは知識の獲得であったりエンターテインメントだったりします。

専門書を読めば知識は付きますし、小説を読めば感情が動きます。そんな本ですが、読んでいくと自然と付く力があります。それは語彙力です。これがないと頭の悪い人間と思われることは多いのでぜひとも手に入れたい力です。

プチ速読公式HP

よく言われる語彙力とはなにか

語彙力が高い人とは知っている単語数が多い人と思われがちですが、それだけでは不十分と言われています。

語彙力は、2つの能力の掛け合わせから成り、適切に使えるかどうかも同時に意識していく必要があります。

つまりはたくさんの単語を知っておりTPOに合わせて話せるかが問題となってくるわけですね。

そして語彙力が低いとどうなるのでしょうか。

相手に伝わらない

誰かと会話をする中でそんなに相手に伝わっている気がしないと感じることがある人は、語彙力が乏しい可能性があります。

語彙力がある人は、類義語や言い換えの言葉をたくさん知っているので、話の内容に合わせて細やかな表現ができますが、語彙力が不足している場合は、決まった言葉しか使うことができないため、自分の伝えたいことを上手く表現できなくなり伝わりにくい言葉となります。

理解が出来なくなる

語彙力が低いと、相手の話を理解する力や読解力の低下にも関係してきます。言葉の意味自体を知らなかったり、ちょっとした言葉のニュアンスを理解できなかったりするため、表面的にしか内容を捉えることができなくなるでしょう。

考えが浅いと思われる

頭の中にある言葉を使いながら物事を考えます。つまりは、知っている言葉の数や使いこなせる言葉の数が多いほど、思考は広く、深いものになっていきます。

逆にいえば、語彙力が低いと、それだけ感度が落ちているので感じ取れる力が弱く、思考が浅いものになってしまうということと言えるでしょう。

本を読んで語彙力を上げる

日本語という言語は、本当に豊かな言語で、使える語彙数が多いほど、心の機微や微妙なニュアンスも的確に伝えることができますし、理解することもできます。

さらにそういう知識は本から得るのが一番手っ取り早いです。言葉はコミュニケーションを支える重要な要素であり、私たちの世界を広げてくれるツールになります。プチ速読で本を沢山読みましょう。そうすると間違いなくあなたの知識はふえているはずです。

プチ速読公式HP
TOPページを見る