成功体験は子供でも大事

成功体験は子供でも大事

成功体験の積み重ねこそが自信に繋がると私がまだ働いていたときには言われていたものです。大人でも大事なのですから子供でも大事なのは間違いないです。

むしろ子供時代のほうが大切だということが色々な研究で明らかになっています。成功体験がないと自信のない子供となってしまうようです。そのため成功体験がないと自信がなくなると言えますがそれ以外でも自信がない子供になる要因はあります。

それはどういうものなのでしょうか?

プチ速読公式HP

自信を減らしてしまう要因とは

明るく何でも積極的な子供がいる一方で、「堂々と振る舞えない」「新しい一歩を踏み出せない」といった子供がいます。

どうして自信をもてなくなってしまうのでしょうか?考えてみました。

両親のコミュニケーション不足

仕事や家事で忙しく、子供とのコミュニケーションが不足していると自信をなくしやすいです。例えば、スマホやテレビに熱中しすぎてなっていたり、片方の子供ばかりに注目したりと…

コミュニケーション不足の末、子供は自分を見てもらえないや話を聞いてくれないと感じ、自信をなくしてしまいます。

ですので積極的にとるようにしましょう。

過去の失敗や怒られた経験

「また失敗するのでは」「また怒られるのでは」などと気にしすぎて、自信をなくしている場合も多いです。ひどく怒鳴りつけられたことや、親がいつまでも不機嫌な態度でいると、子どもはトラウマになり、新しい一歩を踏み出すことをためらう傾向があります。

子供が小さなことを気にしやすい性格で、怖がりや心配性が強すぎると感じたら、少し気をつけて観察してください。もしかしたら自信がどんどん減っている可能性が高いです。

成功体験がない

成功経験が少ない子供は、自己肯定感が低い傾向があります。頑張ったのに見てもらえないできたのに認められないといった状態が続くと、子どもは挑戦する意欲や前向きに考える気持ちが失せてしまうでしょう。

そして子供は新しいことにチャレンジすることを不安に感じ、常に大人の顔色をうかがうようになってしまいます。

まとめ

今回は、成功体験をさせないだけではなく、子供から自信を奪う行動をしてしまうと自信がなくなってしまいます。

自信がなくなってしまうと子供の成長にいい影響がありません。心当たりがあれば、子どもの気持ちに寄り添って、少し接し方を変えてみてくださいね。そして簡単な成功体験はプチ速読によって手に入るので参考にしてみるといいかもしれませんね。

プチ速読公式HP
TOPページを見る